◎ 特集

 <<キャンプ関連>>

 <<登山関連>>

◎ 人気・売れ筋ランキング

寝袋の無料診断

紅葉の三頭山へ。

登山・キャンプ記

東京都と山梨県の県境にある三頭山に行ってきました☆ 檜原都民の森 駐車場に車を停め、山の中へ。 所々色づいていて、とても紅葉が綺麗でした。 写真愛好家の方々も、立派なカメラで撮影してました。   今回は山登り目的ではなく、動画撮影の下見だったので、ザックに機材を入れて移動。 マットと三脚をザックに外付け。 ザックの外側に這わせたゴム紐が荷物が増えたときに便利です。(詳しくは以下ページに記 […]

久々のベビーキャリアに子供乗せて登山@筑波山-御幸ケ原ルート

登山・キャンプ記
久々のベビーキャリアに子供乗せて登山@筑波山-御幸ケ原ルート

久しぶりに、子背負登山に行ってきました☆ 場所は、自宅から近い山?、筑波山。 筑波山に登った回数は二桁ありますが、子供背負っての登山は数えられる程度でしょうか。 今回のせるのは、娘1.5歳です。さて、おとなしくベビーキャリアに乗ってくれるでしょうか。 最初は車移動が続いていたので、歩いてもらいました。 ・・・しかし、これではあまりにも時間がかかります。 切りのいいところで、ベビーキャリアに・・・と […]

ときがわ町 木のむらキャンプ場で川あそび。水が綺麗!幼児も大喜びでした。

寝袋・シュラフ
木のむらキャンプ場で川遊び

8月中旬に木のむらキャンプ場に行って、子供達と川遊びしてきました☆ (2回行きました。行ってから数週間経過しての投稿ですが、今後のメモとしても掲載します。) 近年、あつ~い夏は、子供と一緒に川遊びにでかけるようになりました。 幼児は海よりも川の方が遊ばせやすい? 海と違い、川遊びは水が綺麗であれば、 水が冷たく過ごしやすい 木陰がある場所もある 浅瀬であれば、子供を安全に遊ばせやすい 遊んだ後にシ […]

秩父巴川オートキャンプ場のティピーサイトで1泊

登山・キャンプ記
秩父巴川オートキャンプ場のティピーサイトで1泊

コロナウイルスの影響が続く中、どこかに家族旅行に行きたい、でも、宿泊は感染リスクが気になる等々あり、久々に1泊キャンプに行ってきました。   秩父巴川オートキャンプ場へ 場所は、同じ県内の秩父の秩父巴川オートキャンプ場。 8月末といえど、平日のため、かなり空いていました。 近年、我が家は1歳半の幼子がいるため、手のかかることができません。 そこで、バンガローか、常設テントかの2択になった […]

ソロ&ファミリーキャンプ用のマットの選び方

マット(テントマット、寝袋マット、スリーピングマット、シュラフマット)
キャンプ用マット

テント内に敷くマットレス(寝袋マット、シュラフマット、テントマット)の役割(凸凹解消、断熱)、マットの種類(銀マット、XPE架橋ポリエチレンフォーマット、(セルフ)インフレータブルマット、エアーマット)、ソロキャンプとファミリーキャンプ用マット選びの違いについて解説します。 どうしてマットを敷くの?主な役割 小さく圧縮して収納できる寝袋は、寝たときに体重の乗る部分は中綿が潰れるため、断熱性とクッシ […]

マジックマウンテン コンプレスドライバッグは気軽に圧縮でき透明窓が便利

マジックマウンテン(magic-mountain)
コンプレッションバッグ(サック)・空気排出式(アウトドア用圧縮袋)の圧縮前と圧縮後

マジックマウンテンのコンプレスドライバッグ(Compress Drybag)は、手軽に衣類等を圧縮できる透明窓付きのコンプレスドライバッグです。今まで何度か登山等で使ってきているので、簡単にレビューを書いてみました。 メーカー説明 接着技術の完全防水ドライバッグ。ミシンの縫い目は一切ありません。TPUの透明窓が付いているので収納物が外からわかります。コンプレッサーバルブが付けられたのでバッグを圧縮 […]

シートゥサミット (ドライ) コンプレッションサックの種類と特徴・購入レビュー

シートゥサミット(SEATOSUMMIT)
シートゥサミット コンプレッションサック ウルトラシル コンプレッションサック コンプレッション ドライサック ウルトラシル コンプレッション ドライサック

シートゥーサミットのコンプレッションサックは4種類あります。それぞれの違いを上げると [簡易防水](耐水圧2,000mmの防水生地だが、シームテープ処理無し) コンプレッションサック(高耐久モデル、Sサイズ(10L)=128g,¥2,090) ウルトラシル コンプレッションサック(軽量モデル、Sサイズ(10L)=66g,¥2,640) [完全防水](耐水圧2,000mmの防水生地、シームテープ処理 […]

イスカ ウルトラライト コンプレッションバッグはロングセラー商品かつ高評価

イスカ(ISUKA)
イスカ UL ウルトラライト コンプレッションバッグ

【価格】 ¥3,000~¥5,000 【素材】高撥水コーデュラーナイロン100% 【平均重量】Sサイズ : 120g、Mサイズ : 140g、Lサイズ:160g、LLサイズ:180g 【サイズ】Sサイズ : φ15×40cm、Mサイズ : φ18×48cm、Lサイズ : φ22×53cm、LLサイズ : φ26×55cm 【カラー】Sサイズ : グリーン、Mサイズ : ロイヤルブルー、Lサイズ : […]

円柱の体積の計算フォーム(直径&高さ[cm]⇒体積[リットル]を算出)

寝袋・シュラフ
円柱の体積

手持ちの寝袋の収納容量やテントの収納容量を確認したいと思ったことはありませんか? アウトドア用品の多くは、収納時に円柱状の形状になります。寝袋の場合はほとんどの製品が円柱状になります。 収納サイズをメジャーで測れても、その体積をリットル換算するのは少し面倒です。 そこで、数値を入力するだけで、簡単に体積をリットル換算できる計算フォームを作成しました。 厳密には収納時の形状が丸みを帯びた円筒状のため […]

[2020年]モンベルのダウンシュラフは生地の噛み込みを軽減パーツが標準装備に

モンベル(montbell)
2020モデルの中綿ダウンモデル(ダウンがハー900,800,650等)からジッパーに『生地の噛み込みを軽減するパーツ(YKK製)』が取り付けられています。

モンベルの寝袋は、2020年にダウンシュラフ(ダウンハガー900,800,650等)がモデルチェンジされています。(そのため、旧モデルとメーカー型番が異なっています) 主な変更点は、 1割程度、価格上昇 寝袋のフード部分の形状変更 (保温力アップ) ジッパーのフラップ形状を変更 (保温力アップ) ジッパーに『生地の噛み込みを軽減する(予防)パーツ(YKK製)』 です。 個人的には、『生地の噛み込み […]

R値(R-value)のページ更新

マット(テントマット、寝袋マット、スリーピングマット、シュラフマット)
マットのクッション性

寝袋の下に敷くマット(寝袋マット・シュラフマット・スリーピングマット・スリーピングパッド、以下マットで記載)のR値・R‐Valueについてまとめ、更新しました。 ※2020年より、世界的なマットメーカーにおいて、アウトドア用マットの断熱力の測定規格『ASTM F3340-18』が採用されています。このページの内容もその内容を踏まえ更新しています。-----------------------[目次 […]

サーマレスト「Zライトソル」に新色ブルーが追加。R値は新規格ASTM F3340-18により、2.6→2.0へ。

マット(テントマット、寝袋マット、スリーピングマット、シュラフマット)
サーマレスト Zライト ブルー

2020年は既存のレモンに加え、新色のブルーが追加(レギュラーサイズのみ)されました。 また、R値(マットの断熱力)の測定規格が サーマレストの独自規格 ⇒ 統一規格『ASTM F3340-18』 に変更され、数値も2.6→2.0に変わりました。   以下、サーマレスト「Zライトソル」の記事更新ページの目次です。 [目次]1 サーマレスト「Zライトソル」とは?2 特徴2.1 軽量・コンパ […]

【新】マットの断熱力(R値,R-value)測定規格『ASTM F3340-18』の開発された背景、評価方法、採用メーカー一覧、新R値の温度チャート

マット(テントマット、寝袋マット、スリーピングマット、シュラフマット) 登山用のマット(テントマット、寝袋マット、スリーピングマット、シュラフマット)の選び方
『ASTM F3340-18』によるマットのR値評価方法

アウトドア用マットの断熱力(R値、R-value)の測定規格『ASTM F3340-18』 が開発された背景、評価方法、採用メーカー一覧、新R値の温度チャートなどまとめました。 この新規格のお陰で、異なるメーカー間のマットの断熱力比較が明瞭になります。この新規格を採用しているのは、主に軽量・コンパクト・高断熱が求められる登山・トレッキング用途のマットを製造しているメーカーです。 採用メーカーの新入 […]

【隔壁無し】モンベル シームレス(ドライ)ダウンハガー900試着体験記、気になった点

モンベル(montbell)
モンベル スパイダーバッフルシステム Spider Baffle System

2020年、モンベルから隔壁がなく、縫い目が少ない革新的な構造『スパイダーバッフルシステム』を採用した寝袋・シュラフが発表されました。 『スパイダーバッフルシステム』を採用されたのは、以下の2モデルになります。 隔壁無しのスパイダーバッフルシステムを採用した、2モデルが発売されました。 シームレスドライダウンハガー900(表地:ゴアテックス(防水)、中綿:900FPダウン) シームレスダウンハガー […]

2020年の注目はマットの断熱力の標準化規格 ASTM F3340

寝袋・シュラフ

2020年3月になり、温かいアウトドアシーズンが近づいてきました。 寝袋・マット市場においては、3月頃から各社から新商品や既存商品の価格改定など公表されます。 このサイトにおいても、この情報を元に情報を更新していきます。   様々なメーカーから新商品が公表されていますが、個人的に最も関心のある内容は『マットの断熱力の標準化規格 ASTM F3340』です。 マットの断熱力の標準化規格 A […]

コロナウイルス感染症とキャンプ場

登山・キャンプ記

コロナウイルス感染症の影響が中国や日本だけでなく、欧米諸国にも広がっているようです。人々が密集するエンターテイメント関連の事業は開催中止等で多大な影響がでています。一方、キャンプ場ではいつになく活況という話も耳にします。 キャンプ場が人気の理由は、 人混みを避けられる 利用者間の距離が保てる 自然の中で身体を動かし、心身をリフレッシュできる など様々のようです。 感染リスクを考えると極力外出は控え […]

【雪山・冬山登山】の寝袋マットの選び方(積雪期)

マット(テントマット、寝袋マット、スリーピングマット、シュラフマット) 登山用のマット(テントマット、寝袋マット、スリーピングマット、シュラフマット)の選び方
雪山 クローズドセルマット

雪山・冬山登山のテント・雪洞泊に使う寝袋の下に敷くマットレス(登山マット、スリーピングマット、シュラフマットとも呼ばれる)の選び方について記事にまとめました。主に登山用の記事ですが、雪上キャンプの参考にもなると思います。   最初に 雪山・冬山におけるマット選びの話に入る前に、雪山独特の特徴について記載したいと思います。 雪山のテント・雪洞泊の特徴 今までに何度も雪山でのテント泊・雪洞泊 […]

クローズドセルマットをザックに外付けする方法一覧

マット(テントマット、寝袋マット、スリーピングマット、シュラフマット) 登山用のマット(テントマット、寝袋マット、スリーピングマット、シュラフマット)の選び方

登山時に、クローズドセルマットを取り付ける複数の方法について、ご紹介したいと思います。   ザックへの取付け方法   ボトムストラップに取り付ける ○良いところ マットの取付け、取り外しが容易 △いまいちなところ ボトムストラップが付いていないザックではできない ザックを地面に置いたときに、マットが土に付く(地面がぬかるんでると汚れる) ザックカバーで覆えない(雨天時にマットに […]

登山・キャンプ用マットにおけるR値(R-value)とは?

マット(テントマット、寝袋マット、スリーピングマット、シュラフマット) 登山用のマット(テントマット、寝袋マット、スリーピングマット、シュラフマット)の選び方
山岳・登山用の寝袋マットの選び方の基本(無積雪期)

寝袋の下に敷くマット(寝袋マット・シュラフマット・スリーピングマット・スリーピングパッド、以下マットで記載)のR値・R‐Valueについてまとめました。 ※2020年より、世界的なマットメーカーにおいて、アウトドア用マットの断熱力の測定規格『ASTM F3340-18』が採用されています。このページの内容もその内容を踏まえ更新しています。 マットのR値(R-value)は、マットの断熱力 R‐Va […]

インフレータブル&エアーマットの不具合(パンク、エア漏れ、剥離)と修理について

テントマットの選び方 マット(テントマット、寝袋マット、スリーピングマット、シュラフマット) 登山用のマット(テントマット、寝袋マット、スリーピングマット、シュラフマット)の選び方
エアー注入型マットの内部剥離

エアー注入式のマット(セフルインフレータブル、エアーマット、インシュレーテッドマット)を実際に使っていく中で様々な不具合(パンク、エア漏れ、剥離)が発生する可能性があります。 エアー注入式マットを購入した以上、これらの不具合が発生する可能性があり、それぞれについて解説してきます。   エアー注入式マットに発生する不具合 エアー注入式マットの不具合の代表的なものは、”エアー漏れ(空気漏れ、 […]

ページの先頭へ