Pocket
LINEで送る

近年、タイベックをアウトドアに流用する傾向が見られるようになりました。実は、私自身タイベックのシュラフカバー、簡易ツェルトを登山で使っている経験があります。そこで、改めてタイベックについて、体験談も含め情報を掲載することにしました。

 

タイベックとは?

タイベックとは、デュポン社が独自開発した高密度ポリエチレン不織布です。

0.5~10ミクロンのポリエチレンの極細長繊維をランダムに積層し、熱と圧力だけで結合させたシート(不織布)で、建築資材として使われています。

日本国内で約400万棟以上、全世界で1,000万棟以上の住宅に使用されています。※当社出荷量より推定 [出典:タイベック]

建築中の家を見ると、外壁の内側に白いタイベックがシートが一面に貼り付けられている様子を見かけることがあります。

 

特徴

タイベックは、家の寿命を長くするために使われていて、適度な強度、透湿性、防水性があり、性能劣化しにくい、単位面積あたり軽い、価格も手頃という特徴があります。

特に、建築資材(家は何十年も使う)ですので、タイベックの商品説明に

30年以上の実績と厳密な品質検査に基づき、20年保証を導入しております。

と書かれているぐらい、建築資材としての利用では、性能が劣化しにくいです。

 

種類

タイベックには、

建築資材、化学防護服用、医療用、グラフィック・印刷用など用途別にいくつもの種類があります。

建築資材用のタイベックでは、

  • タイベック ハウスラップ(ソフトタイプ、ハードタイプあるスタンダードな製品)
  • タイベック シルバー(タイベックにアルミニウムを蒸着させた遮熱シート)

などあります。

それぞれのスペックは、旭・デュポン フラッシュスパン プロダクツ株式会社のホームページに”物性表”として強度、透湿抵抗、防水性、防風性など掲載されいたので、一部抜粋します。

 タイベック
ハウスラップ
(ソフトタイプ)
タイベック
ハウスラップ
(ハードタイプ)
タイベック
シルバー
透湿抵抗(㎡・s・Pa/μg)0.170.120.18
防水性(Kpa)19.6以上1719
目付け(g/㎡)586159
厚み(mm)0.160.170.18

アウトドア用品の防水性(耐水圧)は、一般的に水柱ミリメートルで表記(例:耐水圧20,000mm)されているため、比較しにくいですが、こちらの単位換算ツールで変換すると、

17Kpa = 1,733mm

となります。これは、アウトドア用品で使われる防水透湿素材の耐水圧から比較すると、1桁少ない傘やテントのレインフライ程度の耐水圧になります。

透湿性は、透湿抵抗(㎡・s・Pa/μg)で表記されこれもアウトドア用品でよく使われる透湿性能の評価方法と異なります。

最近、2018年にモンベルからタイベックのシュラフカバーが発売されましたが、カタログに【透湿性】7,000g/m²・24hrs(JIS L-1099B-1法)と書かれていたため、その数値からそれほど離れていないと思われます。)

見慣れない目付け(g/㎡)の表記は、単位面積あたりの重量を表していて、1平方メートルあたりの重量になります。どの種類も1平方メートルで約60g程度と非常に軽量なのがわかります。

厚みも、0.2mm以下と薄いです。

 

その他のスペック(引張強度など)に興味のある方は直接確認してみてください。

 

登山・キャンプでの使用例

以上のような適度な透湿性、防水性、軽量性と適度な強度があり、価格も手頃なため、登山・キャンプ用品として流用しているケースが見られます。

インターネットで調査する限り、散見される利用法は、テントの下にグランドシートとして使っている例です。

グランドシート

テントは、ただ購入したタイベックシートをテントの床の大きさに合わせて接着や切断して工夫しているようです。

私が調べた限り、タイベックシートは幅1.0m~3.0mの幅の数十m巻で製品化されているようです。(種類により異なるようです)

横幅が1m程度の山岳テントであれば、接着無しでグランドシートが作れますが、大きなファミリーテントのグランドシートであれば、サイズによっては幅が足りず接着が必要になる可能性もあります。

 

シュラフカバー

個人でタイベック生地を仕入れて、工夫してシュラフカバーに加工している方もいるようです。ただ、綺麗に袋状にするには裁断と縫製技術が必要になってきます。

また、メーカーからタイベックを使用したシュラフカバーが製品化されています。

 

モンベル タイベック スリーピングバッグカバー

モンベル タイベックシュラフカバー
モンベル タイベックシュラフカバー  [出典:モンベル]

2018年からモンベルから「タイベック スリーピングバッグカバー」が発売されました。

軽量で携行に便利なスリーピングバッグカバーです。保水しにくく、寝袋を蒸れや結露から守る適度な透湿性・通気性を備え、快適な睡眠をサポートします。単体での使用はできません。※防水性はありません。

【価格】価格 ¥5,800 +税

【素材】タイベック(ポリエチレン)
【重量】148g(154g)
【カラー】ホワイト(WT)
【サイズ】最大長225×最大幅84cm
【収納サイズ】9×5×19cm

【透湿性】7,000g/m²・24hrs(JIS L-1099B-1法)

「モンベル タイベック スリーピングバッグカバー」の購入者レビューと実売価格

 

Delta Gear ULタイベック シュラフ

タイベックシルバーを使用したシュラフ&シュラフカバー。タイベックの内側がアルミ蒸着され、アルミニウム蒸着の遮熱性(輻射熱を反射)で保温効果が高い。単体利用可能(寝心地はカサカサします)。前面中央からファスナーが80cm付いており、体温調節しやすい。MサイズとLサイズあります。何度も使えますが、徐々に毛羽立った感じになってきます。

Mサイズ(2018/04時点 ¥ 5,870)

  • 前面中央 : 80cm 【Mサイズ】
  • 外形寸法 : 最大長205cm×最大幅85cm
  • 適応身長 : ~180cm
  • 収納サイズ: φ11 × 23cm
  • 平均重量 : 236g±1g(スタッフサック含む)

Lサイズ(2018/04時点 ¥ 6,370)

  • 外形寸法 : 最大長220cm×最大幅90cm
  • 適応身長 : ~195cm
  • 収納サイズ: φ11 × 24cm
  • 平均重量 : 263g±1g(スタッフサック含む)

 

「ULタイベックシュラフ Mサイズ、Lサイズ」の購入者レビューと実売価格(amazon)

 

 

タイベックを使った感想

タイベックのシュラフカバー

Delta Gear ULタイベック シュラフの商品提供を受け、その後登山で何度か使ってきています。

元々ゴアテックスのシュラフカバーを持っているため、実験や友人への貸出用に使っています。

Delta GearのULタイベック シュラフは、タイベックシルバー(高密度ポリエチレン不織布タイベックにアルミニウムを蒸着させ、さらに繊維の一本いっぽんにアルミニウムの劣化を防ぐ抗酸化樹脂コーティングを施したもの)を使用しています。そのため、裏側が銀色で、体温の輻射熱による保温効果も得られます。

実際に使ってみて感じたのは、簡易的なシュラフカバーとして、これでも十分かな、と感じます。タイベックは軽量なので、何気なく持っていこうかなという気軽さがあります。

タイベックの簡易ツェルト

Delta Gearさんの強力を得て、試作で作った簡易ツェルトがあります。(販売されていません)

どのタイベックを使ったのか、確認していません。(もしかしたらソフトタイベックの品番1446Bあたりではないかと)

2名用でツェルトから顔が出せる吹き出し口が2個(ヘルメットでも通過するサイズにしています)あり、主に御来光待ちの防寒対策、荷物置きなど意外と何度も使っています。

 

 

タイベックを使って気になった点

適度な透湿性、防水性など建築資材としては優れたタイベックですが、実際にアウトドアで使うと気になってくる点もいくつかでてきました。

以下、ゴアテックスなど防水透湿性素材の生地と比較した感想になります。

 

摩擦に強くない

ULタイベックシュラフの収納袋もタイベックシルバーが使わているのですが、その表面が毛羽立ち、わずかに毛玉ができています。

登山では様々な荷物をギュッとザックに詰め込むため、圧力がかかった状態で他の荷物と摩擦しますが、どうやら強い圧力のかかった摩擦にはそれほど強くないようです。(一般的なナイロン製の収納袋はよほど使い込まない限り摩耗の跡が見られない)

撥水性はそれほど高くない

上の写真は、タイベックシルバーの白い面に、薄く赤色を付けた水滴を垂らした様子ですが、それほど撥水していないのがわかります。

アウトドア用品で多用されている撥水加工されたナイロン生地であれば、面白いようにコロコロと水滴が玉にように滑り落ちますが、タイベックシルバーで実験する限り、それほどではありません。水滴を手で払い除けても、タイベック表面に水の膜が残ります。乾いたティッシュで拭き取っても、生地の表面に湿った感じが残ります。

 

白いので汚れが目立つ

また、実際に何度も使った気づいた点は、タイベックは色が白のため、一度汚れが付着するとその後目立ちやすいです。

表面に微小の凹凸があるため、そこに汚れが残ります。

ある方のサイトに、洗濯したらある程度綺麗になったと書かれていましたが、タイベック基本的に洗濯できない(洗濯後の性能が保証されない)ようなので、自己責任になります。

アウトドアで使うと、泥汚れが付着しやすいので、道具を綺麗に管理されたい方には気になるかもしれません。

 

タイベック生地の購入方法

タイベックは、1m幅✕50m巻のような規格で流通しています。個人がアウトドア用途で使うには量が多すぎるのですが、昨今、amazonや楽天などで切り売りサイズで販売されています。

(そのまま”タイベック”で検索すると、防護服、カバンなどタイベック生地を使った製品がでてきますので、生地を購入したい方は”タイベック シート”で検索するのがおすすめです)

amazon「タイベック シート」検索結果 一覧

楽天「タイベック シート」検索結果 一覧

また、少しマニアックですが、アウトドア用素材を販売しているOMM / アウトドア・マテリアル・マートもご紹介しておきます。(3m幅のタイベックを取り扱っているようです)

OMM / アウトドア・マテリアル・マート

 

Pocket
LINEで送る