「コールマン(Coleman)」の記事一覧

【2023年版】コールマンの寝袋・シュラフの失敗しない選び方

コールマン(Coleman)

[2023年更新!] コールマンの寝袋の特徴、各人気モデル(ファミリー・車中泊向け、個人利用・ソロキャンパー向け、子供向け)を紹介します。 コールマンは、W・C・コールマンが1901年にランプ事業から始まった総合アウトドアメーカーです。(そのためコールマンにはランプのイラストが入っています) ありとあらゆるアウトドア用品を手広く製品化し、日本でも広く普及しています。アウトドアショップはもちろんのこ […]

【2023年版】コールマンからフードが着脱可能な寝袋「パーカー C2/C-3/C-6」の3種類をリリース!

コールマン(Coleman)
コールマン パーカー

<2023年更新!>コールマンからフードが着脱可能な寝袋「パーカー」シリーズが発売されました。保温力が異なるC2/C-3/C-6の3種類ラインナップされています。 パーカーの特徴 この寝袋の特徴は、 フードにより低い温度帯に対応 フード部分は脱着可能。取り外したフードは枕になる レイヤーの組み合わせにより幅広い気温に対応(C-2,C-6のみ) です。 POINT 頭部からの放熱量をフード脱着機能に […]

【2023年版】4シーズン対応-コールマン「マルチレイヤースリーピングバッグ」の特徴・感想・実売価格

コールマン(Coleman)
コールマン マルチレイヤースリーピングバッグ

<2023年更新!>コールマンの人気製品である「マルチレイヤースリーピングバッグ」は、3つのレイヤー組み合わせて外気温に合わせて4シーズンまで対応できる封筒型の寝袋です。   コールマン マルチレイヤースリーピングバッグ ■幅広い温度帯 ●快適温度:アウトレイヤー+ミッドレイヤー+フリース -5℃      アウトレイヤー+フリース 5℃      ミッドレイヤー+フリース 12℃ ■4 […]

【2023年更新】[使用レビュー]コールマン キャンパーインフレーターマット/シングルⅢの特徴・感想・気になった点

コールマン(Coleman) マット(テントマット、寝袋マット、スリーピングマット、シュラフマット)
コールマン キャンパーインフレーターマット/シングルⅢ

<2023年更新!>2021年の春にコールマン(coleman) キャンパーインフレーターマット/シングルⅢを購入したので使用感などレビューします。   購入した背景 他にもエアー注入式のマットは複数持っているのですが、どれも登山向け(軽量コンパクトだが横幅50cmと余裕はない)で自宅や車中泊でゆったり幅で気軽に使える耐久性の高く寝心地のよいマットは無いかな?と探し、コールマンというブラ […]

【2023年版】コールマン「スクールキッズ」の特徴・歴史

コールマン(Coleman)

<2023年更新!>コールマンの子ども用寝袋がスクールマミーの特徴をまとめました。   歴史 2016年に旧モデルの「スクールマミー」が「スクールキッズ」へとリニューアルされました。旧モデルのスクールマミーは、マミー型でしたが、新モデルのスクールキッズは封筒型になっています。 今回の変更は、暑い夏などジッパーをフリープンして毛布のように下に敷いたり、上からかけたりする使い方ができるよう対 […]

【2023年版】コールマン「キッズマミーアジャスタブル」 サイズを調節可能な子供用寝袋

コールマン(Coleman)

<2023年更新!>コールマンの「キッズマミーアジャスタブル」は旧モデルの「キッズマミー」から進化し、身長にあわせて長さを調節し、足元の余分なスペースをなくして暖かさをキープできるようになっています。       足元にファスナーが付いていて こんな感じで 短くできます。 短い時は使用サイズが140cm以下、伸ばした時は170cm以下になっています。 暑い時は足元のフ […]

環境配慮素材を採用したコールマン ファミリー2 IN 1(GREEN LABEL)

コールマン(Coleman)

2023年、コールマンから環境配慮素材(リサイクル生地)を採用した寝袋として「ファミリー2IN1/C5」と「ファミリー2IN1/C10」NEWリリースされました。   POINT COLEMAN GREEN LABELとは・・・地球の未来を守るため、環境配慮素材※を使用し社内基準をクリアした製品を“COLEMAN GREEN LABEL”として認証しています。※再生済み・再生可能な素材 […]

【2023年版】コンパクトインフレーターマット/Sは幅広74cmのソロキャンパー向けか?

コールマン(Coleman)
コンパクトインフレーターマット/S

<2023年更新!>2022年にコールマンより、ポンプ付きのインフレーターマットが発売されました。 様々なメーカーから多数のエア注入式マットが発売サていますが、それと比較したこのマットの特徴は「横幅が74cmで広い」というところでしょう。   特徴 【メーカー説明】 使用サイズ:約186 x 74×7 (h) cm 収納時サイズ:約φ11×26cm 重量:約830g 材質:75Dポリエス […]

【2022新作】コールマン コンパクトローコット2.0は設営・収納が早い!

コールマン(Coleman)
コールマン コンパクトローコット2.0

2022年度、コールマンからコンパクトローコット2.0が発売されました。 フレーム取り外しが不要の簡単設営・撤収設計 コンパクトなので持ち運び・収納が簡単 使い勝手のよいロータイプでベンチとしての使用も可能 スマートフォンなどを入れられるサイドポケット付き   特徴   【メーカー説明】組み立て・持ち運び・収納が簡単なコンパクトローコット 使用サイズ:約680(W) × 207 […]

【2022新作】コールマン コンパクトコルネット/L0の特徴と気になった点

コールマン(Coleman)
コールマン コンパクトコルネット/L0

2022年の新作として、コールマンより、手足を出して着たまま移動もできるコンパクト収納のマミー型寝袋「コンパクトコルネット/L0」が発売されました。   特徴 【メーカー説明】 使用下限温度:0℃以上  使用サイズ:約198 x 75cm 収納時サイズ: 約φ20×35cm 重量:約1.4Kg 材質:表面/ポリエステル、裏地/ポリエステル、中綿/ポリエステル  付属品:収納ケース &nb […]

【2023年版】自宅ではクッション利用可☆コールマン アドベンチャークッションバッグ/C5

コールマン(Coleman)

<2023年更新!>2021年新商品として、自宅ではクッションとしても使えるアドベンチャークッションバッグ/C5が発表されました。   ■快適温度:5℃ ■ミニバン車中泊にピッタリなサイズ ■一緒に寝られる横幅150cm ■自宅でも使えるクッション型収納ケース ■コンパクトに丸めて2つを一つのケースに同時に収納も可能(運搬保管時に便利) ■普段使いできる防災用としても便利 ■上下分割する […]

【2023年版】コールマンの寝袋を通販で買うときの注意点

コールマン(Coleman) 通販で購入するときの注意点と選び方

<2023年更新!>夏のキャンプ場で必ず見かけるコールマン。テントやランタン、寝袋や椅子など、ありとあらゆるアウトドア用品を低価格で取り扱っています。   コールマンの寝袋を買うときの注意点 経験談 コールマンの寝袋を買うときの注意点は、コールマンは低価格であるものの、ほとんどの寝袋の中綿として化学繊維をしようしているため、収納が大きく、しかも重量も重いという点です。   &n […]

コールマン(Coleman) キッズマミー /0 は小学生までの子供用の寝袋として大人気

コールマン(Coleman)

  コールマン(Coleman) キッズマミー /0 は小学生までの子供用の寝袋として大人気で、保温力が3シーズンいけるので、春から秋までのオートキャンプや林間学校などにとても重宝します。         子供用のとして、大人用の寝袋を使うこともできるのですが、大人用だと子供には大きすぎて子供の体と寝袋の間が大きく開いてしまい内部が暖まりにくくなっ […]

◎ 特集

 <<キャンプ関連>>

 <<登山関連>>

◎ 人気・売れ筋ランキング

寝袋の無料診断

ページの先頭へ