「メーカー別」の記事一覧

SEA TO SUMMITのポンプがモンベルとエクスペドのエアマットにも使えた☆シートゥサミット エアストリームポンプサックのご紹介

シートゥサミット(SEATOSUMMIT)
モンベルのエアマットにSEA TO SUMMIT(シートゥサミット)のポンプで空気を入れる

エアマット用の空気入れポンプとして、SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) エアストリームポンプサックを数年前に購入したのですが、それがエクスペドのエアマットにも、モンベルのエアマットにも全く問題なく使えたので、シェアしたいと思います。 結論を書くと、 SEA TO SUMMITとEXPEDとモンベルのエアマットの空気を入れるバルブ(吸引口)は一緒で、このメーカー間の空気入れ用ポンプは流用 […]

【2022年度】EXPED(エクスペド)のスリーピングマットのラインナップが大規模リニューアル

エクスペド(EXPED)
【2022年度】EXPED(エクスペド)のスリーピングマットのラインナップが大規模リニューアル

2022年、世界的なアウトドア向けマットメーカーのEXPED(エクスペド)のスリーピングマットのラインナップが大規模リニューアルされました。   リニューアルの背景 海外の詳細について記載されたブログに、 ExpedUSAの営業部長であるTracyCollins氏によると、「スリーピングマットの選択は、消費者、購入者、営業担当者、営業担当者など、誰にとっても複雑になりすぎていました」[出 […]

【2022新作】コンパクトインフレーターマット/Sは幅広74cmのソロキャンパー向けか?

コールマン(Coleman)
コンパクトインフレーターマット/S

コールマンより、ポンプ付きのインフレーターマットが発売されました。 様々なメーカーから多数のエア注入式マットが発売サていますが、それと比較したこのマットの特徴は「横幅が74cmで広い」というところでしょう。   特徴 【メーカー説明】 使用サイズ:約186 x 74×7 (h) cm 収納時サイズ:約φ11×26cm 重量:約830g 材質:75Dポリエステル(TPUコーティング) 仕様 […]

【2022新作】コールマン コンパクトローコット2.0は設営・収納が早い!

コールマン(Coleman)
コールマン コンパクトローコット2.0

2022年度、コールマンからコンパクトローコット2.0が発売されました。 フレーム取り外しが不要の簡単設営・撤収設計 コンパクトなので持ち運び・収納が簡単 使い勝手のよいロータイプでベンチとしての使用も可能 スマートフォンなどを入れられるサイドポケット付き   特徴   【メーカー説明】組み立て・持ち運び・収納が簡単なコンパクトローコット 使用サイズ:約680(W) × 207 […]

【2022新作】コールマン コンパクトコルネット/L0の特徴と気になった点

コールマン(Coleman)
コールマン コンパクトコルネット/L0

2022年の新作として、コールマンより、手足を出して着たまま移動もできるコンパクト収納のマミー型寝袋「コンパクトコルネット/L0」が発売されました。   特徴 【メーカー説明】 使用下限温度:0℃以上  使用サイズ:約198 x 75cm 収納時サイズ: 約φ20×35cm 重量:約1.4Kg 材質:表面/ポリエステル、裏地/ポリエステル、中綿/ポリエステル  付属品:収納ケース &nb […]

[使用レビュー]コールマン キャンパーインフレーターマット/シングルⅢの特徴・感想・気になった点

コールマン(Coleman) マット(テントマット、寝袋マット、スリーピングマット、シュラフマット)
コールマン キャンパーインフレーターマット/シングルⅢ

今年の春にコールマン(coleman) キャンパーインフレーターマット/シングルⅢを購入したので使用感などレビューします。 購入した背景 他にもエアー注入式のマットは複数持っているのですが、どれも登山向け(軽量コンパクトだが横幅50cmと余裕はない)で自宅や車中泊でゆったり幅で気軽に使える耐久性の高く寝心地のよいマットは無いかな?と探し、コールマンというブランドと、価格もそこそこだったので、購入し […]

イスカ シルクシーツ レクタ[130g]の特徴や洗濯・メンテナンス方法

イスカ(ISUKA)

イスカ(ISUKA) シルクシーツ レクタ[シルク:130g]の特徴や洗濯・メンテナンスについて調査し、まとめました。 コロナウイルスの影響で山小屋泊で”インナーシーツ持参”のところも多数あり、軽量のインナーシーツをお探しの方はぜひ参考になさってください。   平均重量:130g サイズ:85(肩幅)×185(全長)cm 収納サイズ:φ7×12cm カラー:ネイビーブルー POINT し […]

イスカ(ISUKA) シュラフシーツ サイドジッパー

イスカ(ISUKA)

  平均重量:400g サイズ :80(肩幅)×215(全長)cm 収納サイズ:8×8×19cm カラー:ブルー POINT 肌触りのよいコットン100%素材を使用し、睡眠中の汗や汚れを防ぎ、肌触りも快適です。収納サイズは標準的なサイズですが、重量400gは実際に手に持ったときにずっしり感じ、サイズ、重量ともに500mlペットボトルに近いです。車移動のキャンプ等では問題ないですが、登山でこれを背負 […]

自宅ではクッション利用可☆コールマン アドベンチャークッションバッグ/C5

コールマン(Coleman)

2021年新商品として、自宅ではクッションとしても使えるアドベンチャークッションバッグ/C5が発表されました。   ■快適温度:5℃ ■ミニバン車中泊にピッタリなサイズ ■一緒に寝られる横幅150cm ■自宅でも使えるクッション型収納ケース ■コンパクトに丸めて2つを一つのケースに同時に収納も可能(運搬保管時に便利) ■普段使いできる防災用としても便利 ■上下分割すると2つ別々に使用可能 […]

マジックマウンテン コンプレスドライバッグは気軽に圧縮でき透明窓が便利

マジックマウンテン(magic-mountain)
コンプレッションバッグ(サック)・空気排出式(アウトドア用圧縮袋)の圧縮前と圧縮後

マジックマウンテンのコンプレスドライバッグ(Compress Drybag)は、手軽に衣類等を圧縮できる透明窓付きのコンプレスドライバッグです。今まで何度か登山等で使ってきているので、簡単にレビューを書いてみました。 メーカー説明 接着技術の完全防水ドライバッグ。ミシンの縫い目は一切ありません。TPUの透明窓が付いているので収納物が外からわかります。コンプレッサーバルブが付けられたのでバッグを圧縮 […]

シートゥサミット (ドライ) コンプレッションサックの種類と特徴・購入レビュー

シートゥサミット(SEATOSUMMIT)
シートゥサミット コンプレッションサック ウルトラシル コンプレッションサック コンプレッション ドライサック ウルトラシル コンプレッション ドライサック

シートゥーサミットのコンプレッションサックは4種類あります。それぞれの違いを上げると [簡易防水](耐水圧2,000mmの防水生地だが、シームテープ処理無し) コンプレッションサック(高耐久モデル、Sサイズ(10L)=128g,¥2,090) ウルトラシル コンプレッションサック(軽量モデル、Sサイズ(10L)=66g,¥2,640) [完全防水](耐水圧2,000mmの防水生地、シームテープ処理 […]

イスカ ウルトラライト コンプレッションバッグはロングセラー商品かつ高評価

イスカ(ISUKA)
イスカ UL ウルトラライト コンプレッションバッグ

【価格】 ¥3,000~¥5,000 【素材】高撥水コーデュラーナイロン100% 【平均重量】Sサイズ : 120g、Mサイズ : 140g、Lサイズ:160g、LLサイズ:180g 【サイズ】Sサイズ : φ15×40cm、Mサイズ : φ18×48cm、Lサイズ : φ22×53cm、LLサイズ : φ26×55cm 【カラー】Sサイズ : グリーン、Mサイズ : ロイヤルブルー、Lサイズ : […]

[2020年]モンベルのダウンシュラフは生地の噛み込みを軽減パーツが標準装備に

モンベル(montbell)
2020モデルの中綿ダウンモデル(ダウンがハー900,800,650等)からジッパーに『生地の噛み込みを軽減するパーツ(YKK製)』が取り付けられています。

モンベルの寝袋は、2020年にダウンシュラフ(ダウンハガー900,800,650等)がモデルチェンジされています。(そのため、旧モデルとメーカー型番が異なっています) 主な変更点は、 1割程度、価格上昇 寝袋のフード部分の形状変更 (保温力アップ) ジッパーのフラップ形状を変更 (保温力アップ) ジッパーに『生地の噛み込みを軽減する(予防)パーツ(YKK製)』 です。 個人的には、『生地の噛み込み […]

【隔壁無し】モンベル シームレス(ドライ)ダウンハガー900試着体験記、気になった点

モンベル(montbell)
モンベル スパイダーバッフルシステム Spider Baffle System

2020年、モンベルから隔壁がなく、縫い目が少ない革新的な構造『スパイダーバッフルシステム』を採用した寝袋・シュラフが発表されました。 『スパイダーバッフルシステム』を採用されたのは、以下の2モデルになります。 隔壁無しのスパイダーバッフルシステムを採用した、2モデルが発売されました。 シームレスドライダウンハガー900(表地:ゴアテックス(防水)、中綿:900FPダウン) シームレスダウンハガー […]

イスカ ゴアテックス シュラフカバー の性能(耐水圧・透湿性)の考察と評判

イスカ(ISUKA) シュラフカバー
GORE-TEX シュラフカバー ウルトラライト

イスカ ゴアテックス シュラフカバー の性能(耐水圧・透湿性)の考察と評判をまとめました。経年劣化に強く、初期性能も高いゴアテックスはより厳しい環境での使用を想定している方におすすめのシュラフカバーです。 使用者レビューも総じて高く、予算に余裕があるのであればおすすめのアイテムです。 イスカ GORE-TEX シュラフカバー ウルトラライト 超軽量な15デニールナイロンをベースにした、スリーレイヤ […]

モンベル ダウンハガー800 ハーフレングスの特徴,#3を試着した感想

モンベル(montbell)
ダウンハガー800 ハーフレングス

2019年、山岳系の寝袋・シュラフの大御所、モンベルからダウンハガー800 ハーフレングスが発売されました。 出典:モンベル 現状、下記3モデルとなっています。 #1 快適睡眠-5℃~、657g #3 快適睡眠3℃~、439g #5 快適睡眠-8℃~351g 登山で、寝袋(シュラフ)に入る時、そもそも防寒着(フリース・ダウンジャケットなど)あるのだから、身体の上部の保温は防寒着に任せて、軽量化でき […]

【4シーズン対応】コールマンのマルチレイヤースリーピングバッグの特徴・感想・実売価格

コールマン(Coleman)
コールマン マルチレイヤースリーピングバッグ

コールマンから、2019年の新商品として3つのレイヤー組み合わせて外気温に合わせて4シーズンまで対応できる封筒型の寝袋が発売されました。 その名は、「マルチレイヤースリーピングバッグ」です。 コールマン マルチレイヤースリーピングバッグ ■幅広い温度帯 ●快適温度:アウトレイヤー+ミッドレイヤー+フリース -5℃      アウトレイヤー+フリース 5℃      ミッドレイヤー+フリース 12℃ […]

マウンテンハードウェア ハイパーラミナ スパーク[0℃,737g]は軽量・コンパクトな3シーズン向け化繊寝袋。サイズ大きめ。

マウンテンハードウェア(mountainhardwear) 山岳・登山・トレッキング用の寝袋・シュラフ

ハイパーラミナ スパークは今までの化繊シュラフにはない「高い圧縮性」と、「保温性」と「軽量性」のバランスとが評価され米国バックパッカー誌"EDITOR'S CHOICE 2015"を受賞しています。(化繊タイプのシュラフとしては史上初のようです)。 マウンテンハードウェア ハイパーラミナ スパーク 価格:¥28,080(税込) リミット温度:0℃ サイズ: レギュラー 内部全長:198cm 肩周囲 […]

ファイントラック ポリゴンネスト 6×4[0℃,630g]は超軽量・コンパクトな3シーズン向け化繊寝袋。だたし好みは分かれる。

ファイントラック(finetrack) 山岳・登山・トレッキング用の寝袋・シュラフ

ファイントラック ポリゴンネストの利用者のレビューを何度も見てきていますが、好みが分かれる寝袋のようです。過去にダウン寝袋の濡れによる保温力低下に悩まされていた方には高評価ですが、そこまで悩みが無かった方にはイマイチ、と反応が分かれるようです。 ファイントラック ポリゴンネスト 6×4 価格:¥32,832 (税込) 重量: 630g 素材 表:ナイロン100% 裏:ナイロン100% 中間層:ポリ […]

【2020年】モンベル ダウンハガー650 #3 [-2℃,720g](3シーズン用)は生地変更で軽量化。キャンプだけでなく登山も視野に。

モンベル(montbell) 山岳・登山・トレッキング用の寝袋・シュラフ

モンベル ダウンハガー650 #3は主にキャンプ用のユーザー向けでしたが、2020モデルから生地変更に伴う軽量化により登山用途も十分に視野に入ったように感じます。 2020年モデルより 2019年モデルまでは生地に40デニールナイロンが使われていましたが、2020年モデルより30デニールポリエステルになり、旧モデル858g⇒新モデル720gと138gも軽量化されました。 モンベル ダウンハガー65 […]

◎ 特集

 <<キャンプ関連>>

 <<登山関連>>

◎ 人気・売れ筋ランキング

寝袋の無料診断

ページの先頭へ