Pocket
LINEで送る

こんにちは、当サイトの運営者です。

2017/05/05 積雪期 富士山山頂

私はアウトドアショップに勤めていた頃、寝袋(シュラフ)に興味を持ち、頻繁に寝袋コーナーの接客に入るようになりました。

お客さんから寝袋選びに関する様々な質問を受けてきました。そして、お客さんと質疑を重ねていくうちに、これから寝袋を購入を検討している方がどのような点がわからないのか、迷うポイントなのかが良く理解できるようになってきました。

仕事での経験、私自身のアウトドア経験、周囲の登山エキスパートの方々の経験を包括する形で多くの人と共有しよう、と試みたのが、このサイトです。

 

私自身、いままでに様々な場所、季節に寝袋を使って一夜を過ごしてきました。

cycle481.jpg

2010/08/29 北海道自転車旅行

 

涸沢のテント場

2011/09/13 涸沢のテント場

 

IMGP4695.jpg

赤岳鉱泉のアイスキャンディと厳冬期用テント

 

谷川岳雪洞でシュラフで寝る

2012/02/21 厳冬期谷川岳の雪洞(雪の洞窟)で寝る私。寒いので鼻と口しか出しません。

 

大いなる自然に囲まれる中、テントを設営して一夜を過ごすのは、頑丈な骨組みと断熱材の入った家とは、大きく違います。

その経験から、わかったことが2点あります。

  1. 寝袋(シュラフ)とマット(マットレス)は1つである
  2. 予想される最低気温よりも保温力に余裕のある寝袋(シュラフ)を用意すること

 

寝袋とマット(マットレス)は1つである

寝袋は小さく収納できる携行可能な布団とも言えますが、その圧縮率の高さゆえ、体重がかかる箇所はぺちゃんこに潰れて保温力がほとんどありません。そのため、体重をかけても潰れず、断熱力を発揮するマットが欠かせません。

また、マットの断熱力が不十分だと、保温力の高い寝袋を用意しても、身体とマットの接地した箇所から熱が逃げ、身体も徐々に冷えることがあります。

寝袋選びと共に、マット選びも重要で、3シーズンや冬期ではマットの断熱力も特に重要になってきます。

 

予想される最低気温よりも保温力に余裕のある寝袋(シュラフ)を用意すること

寝袋に入って寝る時間帯は、その日の最低気温になる時間帯で、その温度を目安に寝袋を選びます。

週間天気予報を見てみて下さい。一週間でどれだけ最低気温が変わっていますか?

日によってこれだけ温度が変わるのです。寝袋を購入して登山・キャンプ予定日がどの気温になっているか、実際当日になってみないとわかりません。

また、天気予報は市街地の予報のため、キャンプ地となる場所は少し市街地から離れ、標高も上がる山間部のことも多く、天気予報よりも気温が低い可能性が高いです。

もちろん、テント自体も保温力がありますが、風の影響を受けるため、なかなか予想が難しいです。

私はいままでにテントで100泊以上してきていますが、変動する自然の中でしっかりと回復し、翌日の活力を確実に得るためには、予定よりも少し保温力が高い寝袋を準備することがとても重要だ、と身にしみて感じました。

私はこのことに気がつくまで、何度夜中に目が覚めてしまったかわかりません。

以上の経験をぜひ寝袋、マット選びの参考にしていただければ幸いです。

     

     

    運営者アウトドア経験

    以下、私のアウトドア経験です。

     

    ファミリーキャンプ

    ファミリーキャンプ

    両親がキャンプ好きで、小学生ぐらいから家族でファミリーキャンプを経験してきました。

     

    焚き火

    仲間と焚き火を囲んでいるとなんだかホッとします。

    原始時代からの記憶がDNAに組み込まれているからでしょうか?

     

     

    雪中キャンプ

    仲間と雪中キャンプもやりました。

    雪中キャンプは十分な防寒着と暖房が欠かせませんね(^^)v

     

    登山 夏山から雪山まで

    主に八ヶ岳、北アルプス、南アルプスを中心に出没しています(^^)

     

    涸沢のテント場

    2011/09/13 涸沢のテント場

     

     

    2012年涸沢の紅葉

    2012/10/05 涸沢の紅葉

     

     

    IMGP6304.jpg

    誘われれば年1回は沢登りします。。。でも沢登りは初心者です。ぬるぬるで手が滑る。

     

    雪山ザック

    2012/01/18 厳冬期八ヶ岳登山、アイスクライミング

     

     

    赤岳鉱泉アイスキャンディで練習

    赤岳鉱泉でまずは練習

     

     

    裏同心の滝でアイスクライミング

    2011/12/14 八ヶ岳 裏同心の滝でアイスクライミング

     

     

     

    IMGP4325.jpg

    2011/12/15 阿弥陀岳の山頂でご来光

     

     

    IMGP4695.jpg

    赤岳鉱泉のアイスキャンディと厳冬期用テント

     

    IMGP4725.jpg

     アイスキャンディー登ったよ!

     

     

    雪山テントの中

    雪山でのテントの中を大公開! 真ん中の人のリッジレストが犠牲になるのは毎度のこと。 靴下はバーナーの周りに置けば乾くよ。

     

     

    雪山テントの中で鍋

    氷点下の世界ででる湯気でもくもく!前が見えません。

     

     

    雪山テントの中で寝る

    おやすみなさい

     

     

    IMGP0476.jpg

    2011/02/23 厳冬期谷川岳

     

     

    ホワイトアウト

    2012/02/21 谷川岳下山中にホワイトアウト! 前が見えません。今ここどこ?状態に。。。

     

     

    谷川岳ホワイトアウト

    ホワイトアウトは危険です。雪屁(せっぴ)ふんだらあの世行き?

    トレースなく死の可能性が頭をよぎる。が奇跡的に一瞬視界が晴れて方向修正!あぶなかった。

     

    しかも、その日の夕方、雪洞(雪の洞窟)から出ると猛烈なブリザード。テントだったらやばかった(^_^;)

     

     

    自転車旅行

     

    cycle217.jpg

    2010/08/29 北海道自転車旅行

     

     

    cycle276.jpg

    車で来た友人と一緒にキャンプ

     

     

    cycle481.jpg

    海は風が強い~。でも暑かった~。

     

     

    ニュージーランドを約3ヶ月ほど自転車旅行したこともあります。

    IMG_0815.jpg

    ニュージーランドのキャンプ場はユニークなところが多かったな。あと綺麗だった。

    キャンプ場に必ずシャワーと共同キッチンがついていて、快適でした!

     

     

    IMG_0727.jpg

    ニュージーの道路はアップダウンが多くてめっちゃきつかった!

     

     

    IMG_0997.jpg

    2008/11/04 このときはあまりの強風でサイクルメーター見たら時速5kmしか出ませんでした。

     

     

    IMG_0945.jpg

    2008/11/02 テカポ湖でマウントクック背景に記念撮影!

     

     

    IMG_1182.jpg

    2008/11/12 ギネスに登録されている世界でもっとも急な坂道ボルドウィンストリートに自転車で挑戦!

     

     

    IMG_1183.jpg

    まるで壁です! スキーのジャンプ台みたいでした(^_^;)

     

     

    IMG_1189.jpg

    蛇行しながらなんとかボルドウィンストリートを自転車で上りきりました!

     

     

    IMG_1238.jpg

    ニュージーランドは人口より羊が多い国。羊は臆病な生き物ですぐ逃げますが、えさ与えて仲良くなりました(^^)

     

     

    IMG_1492.jpg

    ニュージーランドには世界中から自転車旅行者がたくさんきますが、こんなユニークな自転車で旅行してるカップルがいました!

    まさに二人三脚ですね!

     

     

     

    バイクツーリング

    バイクはそれはそれは大学生時代から乗っていて、友人と2人でキャンプ道具一式積んで、ツーリングしてきました。

     

    IMGP2622.jpg

    さて、私のバイクはどっちでしょう?(ヒント:ボロイ)

     

     

    IMG_1458.jpg

    ニュージーランド自転車旅行のときにバイクに乗りたくなって、ハーレーを数時間レンタルしちゃいました!

    雄大なニュージーランドの大地をハーレーで走るのは最高に気持ちよかったです!!!!

     

     

    車中泊

     

     

    IMGP5403.jpg

    愛車のエクストレイルで何度も車中泊を経験

     

    IMGP6740.jpg

    エクストレイルは後部座席倒せばまったいらになるので、車中泊に最適です。

    しかも、悪路もOK、燃費もリッター10kmくらいとまずまず。

    アウトドア好きにおすすめの一台です。

    最後に

    野外での宿泊経験を重ね、自然の中で過ごす素晴らしさ、堅牢な家で過ごす素晴らしさ、どちらも感じられるようになりました。

     

    安心して過ごせる堅牢な家も、絶え間なく変遷する磨かれた自然も、共に人間が求める環境なのかもしれません。

    今日も、夜が明ける

    Pocket
    LINEで送る