MENU

山岳・登山向けの寝袋に求められる基本性能(軽量・コンパクト・耐久・快適性)

山岳・登山・トレッキング向けの寝袋に求められる基本性能・特徴は、

  • 軽量性
  • コンパクト性
  • 耐久性
  • 快適性

になります。

目次

軽量性

登山ではザック(リュック)に荷物(もちろん寝袋も)を入れて背負って登ります。荷物が軽ければ軽いほど、体への負担も減り、上り下りが続く山道の歩行も楽になります。(実は、寝袋は歩行中は全く使わない山道具です。キャンプ地・テント場に着いて、テントを設営してようやく出番が訪れます。)そのため、寝袋に限ったことではありませんが、軽量であることが登山での動きやすさに繋がります。

コンパクト性

荷物の大きさが小さければ小さいほどザックの容量(大きさ)も少なくて済み、結果的に軽量化に繋がります。それだけでなく、コンパクトであれば、荷物を背中に近づけることになり、歩行中にバランスを取りやすくふらつきを軽減します。

南八ヶ岳 赤岳-横岳-硫黄岳 縦走ルート

より難易度の高い段差の大きな岩場歩きや鎖場(滑落の危険性が高い場所に歩行を補助する目的で設置された金属の鎖・チェーン)の登山ルート、崖のような場所をカラビナとロープで確保しながら登っていくアルパインクライミングではコンパクト性の重要度が増します。

登山用の寝袋は、その保温力の割に非常にコンパクトに作られています。キャンプ用の寝袋に見慣れている方が登山用の寝袋を見ると「すごく小さい!」と驚かれることもしばしば。収納に関しては、最初から高い圧縮率で収納できるような収納袋のため、慣れない方は寝袋本体の収納に手間取ります。

耐久性

登山用の寝袋は、軽量性とコンパクト性に重きを置くため、耐久性に関しては必要十分な程度に留められています。もちろん、収納・睡眠・撤収に耐えうる耐久性は考慮されていますが、中綿を包む生地は中綿がうっすらと透けて見えるほどに薄く、かぎ裂きや強い摩擦には注意しなければいけません。

3つの異なるメーカーの寝袋の生地(表地)

特に注意しなければいけないのは火の粉やバーナー熱で、生地には極薄のナイロンやポリエステルが使用されていますがゆえに、すぐに穴が空いてしまいます。穴が空いた場合は中綿がダウンだと、穴からどんどんダウンが飛び出してくるため、テープのような物で取りあえず穴を塞ぎ、下山したらメーカーに問い合わせて修理を依頼しましょう。

快適性

寝袋に入ったときの快適性(寝心地・寝やすさ)も、高い保温力と軽量・コンパクト性に重きを置くため、必要最低限に留められています。登山用の寝袋は、マミー型とい言われるミイラのような人間の形状に沿ったような形をしています。マミー型は、効率的な保温ができ、無駄な重量が増えない構造ですが、下半身が細くなっていくため両足を広げた大の字で寝ることができず、慣れるまである程度窮屈に感じます。

また、スライダー(ジッパー)の長さは出入りと温度調節のしやすさに繋がり、頭と首周りの構造や寝袋の外気温が寝袋の保温力(リミット温度)に近づいてきた時にその重要性が増してきます。

まとめ

山岳・登山用の寝袋を一言でまとめると”軽量・コンパクト性を重視した寝袋”と表現できます。

価格は、快適性が重視され数千円で購入できる(ファミリー)キャンプ向けの寝袋と大きく異なり、登山用の寝袋は特定の保温力を実現するため、最先端の技術や素材を投入して、各社しのぎを削っているのが現状で、価格も1万円以上とキャンプ向けより高くなります。

各性能のバランスは、メーカーやモデルによって異なります。

関連ページ

この記事を書いた人寝袋選びで大切なこと寝袋とマットは2つで1つ

plofile.jpg
著者: Masaki T

2009年末から寝袋と関連装備に特化したこのサイトを開設。いつの間にか運営10年を超える老舗サイトに。ファミリーキャンプから無積雪期登山、厳冬期登山、バイクのキャンプツーリングに自転車旅行、車中泊など、アウトドアを幅広く経験。寝袋の宿泊数は100泊以上~500泊未満。狭い業界ですが、まだまだ知らないこと沢山あり、日々勉強中です☆

facebook いいね うれしいです♫

雪山 クローズドセルマット

谷川岳の雪洞で宿泊

今まで様々な状況下で寝てきましたが、100泊以上経験してわかったのが、『保温力に余裕のある寝袋を用意すること』です。

雪山 テント泊 八ヶ岳

雪山テントは換気にも注意(テントが埋まると酸欠に)

雨風や断熱材で守られた家と違い、アウトドアフィールドでの宿泊は天候や外気温の変化を大きく受けます。事前の天気予報より、当日の気温が-5℃程度低かった、などは日常茶飯事です。また、多くのキャンプ場は、最寄りの市街地よりも標高が高い事が多く、天気予報で知ることのできる最寄りの市街地の最低気温よりも気温が低いことが多いです。

自然の中で睡眠をとる体験は素晴らしいですが、寝袋の保温力が足りないと真夜中に早朝に目が冷めます。これは外気温は日の出前の早朝4~5時あたりが最も気温が下がり、また体温も下がっているためです。一度このタイミングで目が冷めてしまうと、身体が芯から冷え切っているため、ここからなかなか眠ることができません。そして、寝不足の状態になります。

楽しいアウトドア体験するはずだったのが、思わぬ寝不足でボーーっとしてしまうのは、もったいないです(しかも連泊でこれが続くとかなりキツイです)。少し汗ばむくらいの保温力の寝袋を選んで、ぜひ素敵なアウトドア体験を満喫してください☆

facebook いいね うれしいです♫

山岳・登山用の寝袋マットの選び方の基本(無積雪期)

寝袋と(キャンプ用の)マットは2つで1つです。

キャンプ用のマットの役割は主に『断熱』と『寝心地を快適にする』の2つです。

『断熱』について・・・アウトドア用の寝袋の中綿として、化繊やダウンが使われていますため、小さく圧縮して収納し持ち運ぶ事ができます。寝袋を収納袋から出して広げると、徐々に中綿が膨らみますが、人間が寝袋に入ったときに身体と地面に挟まれた中綿はぺちゃんこに潰れるため、断熱力がほとんどなくなります。大概の地面は冷たく、身体の重みで密着した部分から体温が逃げ(ヒートロス、熱損失)て、底冷えします。この現象は、体温と地熱の温度差が大きい春・秋・冬ほど熱損失量も増えます。

これを防ぐため、キャンプ用のマットを使います。キャンプ用のマット体重がかかっても断熱効果が得られるよう設計されています。

登山ルート上のキャンプ場・テント場

『寝心地を快適にする』について・・・最近、畳の上で寝たことはありますか?痛くて寝れなかったという方もいるのではないでしょうか。昨今の快適用品の普及により、強い刺激に敏感になっています。よほどふかふかの芝生以外、寝袋のみで寝ると地面の凸凹や石があたって痛くてまともに寝れません。その衝撃を吸収する役割としてキャンプ用マットが使われます。キャンプ用マットは大きくクローズドセルマット(銀マットなど)とエア注入式の2種類あり、寝心地はエア注入式の方が良いです。

テントの中で寝袋の下に敷くマットは、様々な用途に合わせて、多数の商品があります。皆さんの用途にあった、快適に寝れるマットが見つかりますように☆

facebook いいね うれしいです♫

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次