Pocket
LINEで送る

とにかく寝袋・シュラフを低予算で購入したい、という方も多いとおもいます。

1年に1度くらいしか使わないとか、友人に誘われて1度キャンプするためだけとか、フェスに参加するのに必要とか、家族分購入するので極力安く抑えたいとか、いろいろな理由があると思います。

そんな方のために、それぞれの一流ネットショップの寝袋・シュラフの激安ランキングをまとめてみました。

寝袋・シュラフ選びのポイントを抑えたうえで、自分の用途に合った寝袋を探してみてください☆

◎寝袋・シュラフ選びのポイント

 

2種類の形(封筒型、マミー型)

封筒型

封筒型の寝袋

マミー型

封筒型の寝袋

けっこう形が違いますよね。封筒型は、一般的に自宅で使うふとんに近い長方形ですが、マミー型はその名のとおりミイラみたいな形をしています。

単純に形だけの違い?!と思いきや、実はかなり用途が違っています。

そこで、封筒型とマミー型の特徴を比較しながら見てみましょう。

封筒型の特徴

封筒型の寝袋

○良いところ

  • 普段使用する布団に近い
  • 寝ているときの圧迫感があまりない
  • 価格が安いものが多い
  • 家族単位で使うには便利

△いまいちなところ

  • 重い
  • 収納時に大きい
  • 寒冷地には不向き(体との密着度が弱いため)

☆こんな人に封筒型がおすすめです。

  • 夏など暖かい時期のみキャンプする
  • 主な移動手段は車で、寝袋を自らの力で持ち運ぶ機会がすくない。

マミー型の特徴

封筒型の寝袋

○良いところ

  • コンパクトに収納できる
  • 重さが軽い
  • 寒冷地に向いている(体との密着度が強いため)

△いまいちなところ

  • 寝ているときの圧迫感が少しある

☆こんな人にはマミー型がおすすめです。

  • 登山やバイクや自転車など、積載量が限られている。
  • 3シーズンをキャンプする。
  • 冬もキャンプする。
  • 登山や縦走など、リュックに入れて持ち運ぶことが多い。
  • 荷物を軽くしたい。
  • 荷物を小さくしたい。

 

 ☆中綿の材料 ショッピングモールによって同じ激安寝袋でも最安価格が違うのがおもしろいです。ぜひ、いろいろとチェックしてみてください♪

中綿の種類 良いところ  いまいちなところ
化学繊維
sleepingbag_exceloft.JPGのサムネール画像

•普通に洗濯できる
•濡れに強い
•ダウンに比べ値段が安い(約半額)
•収納状態で保管できる

•ダウンに比べて重い(約2倍)
•ダウンに比べて大きい(約1.5倍以上)

ダウン
sleepingbag_down.JPG

•化学繊維に比べて軽い(約半分)
•収納状態で化学繊維に比べて小さい
(約0.6倍以下)
•寝たときにふかふか感がある

•洗濯に専用洗剤が必要
•濡れに弱い(濡れると膨らまない)
•化学繊維に比べて値段が高い(約2倍)
•自宅での保管時にある程度ダウンを膨らます
必要がある
(購入時についてくる巾着袋に入れるなど)
•保管状態が悪いとダウンにカビ生える
大手通販サイトの[寝袋・シュラフ本体]人気・売れ筋ランキング

 

Pocket
LINEで送る