Pocket
LINEで送る

肌寒くなってくるとあたたかいアンダーウェアがほしくなってきますよね。

アンダーウェアは肌の上に密着しているため、薄手のものでも体感的に暖かく感じることができます。

特に春秋冬のアウトドアでは、アンダーウェアがあると快適に過ごすことができます。

最近は、ヒートテックなどの吸湿発熱繊維は高い注目を浴びていますが、各社いろいろなメーカーが暖かいアンダーウェアの開発にしのぎを削っています。

例:ヒートテック(ユニクロ)、エクス(東洋紡)、ブレスサーモ(ミズノ)、サーモギア(旭化成)、オリエント(東洋紡)など

そこで、湧き上がる疑問。

「いったいどこが一番あたたかいの?」

「どのていどあたたかいの?」

そんな疑問に答えてくれる資料があるので紹介します。

資料⇒発熱素材の期待はほどほどに

この資料は、北海道消費者協会という第三者機関が作成したものです。

ヒートテックについては書いていませんが、資料を読めばヒートテックの実力も想像つくとおもいます。

吸水発熱の性能が最も高いのは、化学繊維ではなく昔からある天然素材の羊毛(ウール)というのが驚きですね♪

Pocket
LINEで送る