Pocket
LINEで送る

厳冬期の八ケ岳 1泊テントでいってきました(^^)

 

早朝に関東を出発し、美濃戸の駐車場へ

八ケ岳 美濃戸駐車場

 

ここにたどり着くまでの林道は4WDが必須ですが、それでもスリップするところがあって、途中でチェーンを装着しました(^^)

 

八ケ岳 タイヤチェーン

 

積雪期に何度も美濃戸駐車場まで車移動したいかたは、チェーン買うのがおすすめです♪

 

さて、美濃戸に付いたらまずはこれ!

八ケ岳 登山者カード

登山計画書を提出(^^)

小屋の入り口に入れる箱とか、バインダーとかありますので、提出しましょう♪

 

美濃戸からは、しばらく林道を登っていきます

IMGP3653.jpg

テント泊セット+アイスクライミング道具で荷物おも 笑

うーーん、雪山きたーって感じです(^^)

 

雪山での途中の休憩方法はこちら

IMGP3654.jpg

ザックが出かければ、それがイスになります。(中の荷物つぶれますが)

下が雪なので、ザックをべったりと雪面につけても泥汚れしませし、むしろザックの汚れが雪に付着し綺麗になる。

ただ、背中を部分はパッドが入っていて、これを下にすると雪がメッシュ生地につまりますので、必ず背中側ではない方を下にして座りましょう(^^)

 

林道が終わり、途中から登山道になります。

IMGP3661.jpg

天気がいいですねー(^^)

青空と雪と木々のコントラストが美しい♪

 

 

そして、美濃戸から約3時間で赤岳鉱泉に到着!

赤岳鉱泉 アイスキャンディー

冬のシンボルでもあるアイスツリーが聳え立っています

 

さっそく赤岳鉱泉ついて、すぐにテントを設営

厳冬期 赤岳鉱泉 テント泊

 

マットを敷いて、寝袋(シュラフ)を広げておきます

厳冬期 赤岳鉱泉 八ケ岳 テント泊 寝袋 シュラフ

 

ハーネスやアイスアックスなどアイスクライミング装備を身にまとい、ジョウゴ沢へ

 

まずはジョウゴ沢F1を練習を兼ねて、登ります。

八ケ岳ジョウゴ沢 F1 アイスクライミング

まあ、横にまきみちあるのですが、F1ぐらいはそのまま登ります。

 

 

F1を登り、少し歩くとジョウゴ沢F2です(^^)

八ケ岳ジョウゴ沢 F2 アイスクライミング

沢水が徐々に凍り、10mくらいの氷爆となっています

 

今回の大きな目標はジョウゴ沢F2をリードで完登すること。

到着後に準備してリードで登ります。

八ケ岳ジョウゴ沢 F1 アイスクライミング リード

 

無事登った後、上でトップロープの支点つくるが、われらのTOPクライマーT氏に修正の指摘を受ける。

 

T氏もその後リードで登る

八ケ岳ジョウゴ沢 F2 アイスクライミング リード

 

八ケ岳ジョウゴ沢 F2 アイスクライミング リード

 

当初の計画ではジョウゴ沢F2を超えた氷壁までいく予定だったが、日没が近づきタイムオーバー。

何本かジョウゴ沢F2を登り、赤岳鉱泉へ帰還する。

 

テント泊だが、夕飯は小屋で食べる(^^)

理由は、荷物多すぎて 笑

 

赤岳鉱泉 夕飯

 

赤岳鉱泉では夕食を2000円でたべれるのだが、それがとってもゴージャス!

なんとカツ煮の卵とじ!

肉も非常に厚みがあり、もはや山小屋メシを超えています(^^)

 

夕飯を美味しく頂き、テントにもどって寝袋にもぐったのでした(^^)

 

 

Pocket
LINEで送る