Pocket
LINEで送る

ゴアテックスを用いた高耐水圧、高透湿性、縫い目のシームテープ処理も施した完全防水のシュラフカバーです。ゴアテックスは経年劣化しにくく、3レイヤーで耐久性あり、大切に使えば長期間使用できます。ロングセラーモデルで、多くのユーザーから支持されてきた実績もあります。

イスカ GORE-TEX シュラフカバー ウルトラライト(レギュラー、ワイドサイズあり)

GORE-TEX シュラフカバー ウルトラライト

超軽量な15デニールナイロンをベースにした、スリーレイヤー(3層構造)のゴアテックス素材のシュラフカバーです。立体裁断のフード部分は圧迫感を抑える設計で、サイドの60cmファスナーが出入りを容易にし、耐久性に優れた3レイヤー素材は、単体での使用も可能です。ゴアテックスの優れた防水性はもちろん、高い透湿性能は、睡眠中の不感蒸散による寝袋への水分の滞留を最小限に抑えます。シュラフカバーの購入は殆どのユーザーにとって1回限りとなるようです。登山を中心にご検討の方々には、高い透湿性能と防水性能を持ったゴアテックス素材のご購入をおすすめします。

  • 参考価格:21,060円(税込)
  • 平均重量:360g
  • サイズ:87(肩幅)×209(全長)cm
  • 収納サイズ:7×8×22cm

ゴアテックスを用いた高耐水圧、高透湿性、縫い目のシームテープ処理も施した完全防水のシュラフカバーです。ゴアテックスは経年劣化しにくく、3レイヤーで耐久性あり、大切に使えば長期間使用できます。

3レイヤーですが、軽量な表地と裏地の使用で重量も抑えられています。

夏の縦走登山から厳冬期登山まで使える、高性能シュラフカバーです。もし、このシュラフカバーで結露したら、他のシュラフカバーではもっと結露する、と思ってもよいでしょう。

特に生死に関わる積雪期の登山では、ゴアテックスのシュラフカバーを推奨します。2メーカーに厳冬期のシュラフカバーの素材について問い合わせたところ、担当者の方から「ゴアテックスが最も耐水圧と透湿性が高い」と回答頂いています。

※個人的考察

イスカ側で数値公表されていませが、一般的にゴアテックスの性能は、耐水圧: 45,000mm 以上、透湿性:13,500g/m2/24hrs(JIS L1099B-2 法)と言われています(参考:wikipedia)ので、このシュラフカバーも同程度と推測されます。

近年、透湿性の数値だけ見ると、13,500g/m2/24hrsよりも高い数字を表示されている製品も多数ありますが、ゴアテックスより透湿性が高いとは限りません。実は、透湿性の評価方法は、

  • JIS L1099B-1 法
  • JIS L1099B-2 法

があり、2 法は厳しい評価方法のため、1 法より2 法の方が数値が下がります。2019年のモンベルのカタログに、ゴアテックスをJIS L1099B-1 法で測定した数値として、25,000~98,000g/m2/24hrsが掲載されていました。この数値幅は、ナイロンの表生地の厚さに依存(薄いと数値良くなる)そうです。

モンベルのカタログに、

  • 表生地12デニールナイロンのゴアテックスレインウェアの透湿性:44,000g/m2/24hrs(JIS L1099B-1 法)
  • 表生地20デニールナイロンのゴアテックスレインウェアの透湿性:35,000g/m2/24hrs(JIS L1099B-1 法)

とありましたので、表生地が15デニールナイロンのイスカ GORE-TEX シュラフカバー ウルトラライトは、JIS L1099B-1 法では、35,000~40,000g/m2/24hrs程度ではないか、と推測されます。

(※メーカーによっては、透湿性の記載があっても、評価方法の記載が無い場合があります。JIS L1099B-1 法が普及しているため、評価方法の記載が無い場合は、この方法である可能性が高いです。)

3シーズン用シュラフに対応したレギュラーサイズの他に、外周の大きい冬期シュラフに対応したワイドモデルもあります。

以下、amazonカスタマーレビューより引用。

「イスカ GORE-TEX シュラフカバー ウルトラライト(レギュラー)」の購入者レビューと実売価格

5年使っても問題なしです(2017年6月8日):購入後、随分してからのレビューです。購入してから5年以上使用しています。製品に異常はありません。
ダウンの寝袋は濡らしてしまうと大変なので購入しました。シングルウォールのテントなので夏は結露、冬は霜の雪が降ります。そんな環境でも寝袋を濡らさずにしっかり守ってくれました。
また、カバーを使用すると保温効果もあるような気もします。重量は軽くはありませんが、丈夫でしっかりした作りで長く使用出来ます。長く使用出来て品質もしっかりして安心できます。オススメのシェラフカバーです。

(実売価格は時期により変動しています)

 

「イスカ GORE-TEX シュラフカバー ウルトラライト(ワイド)」の購入者レビューと実売価格

モンベルダウンハガーにぴったりだった(2018年10月6日):このワイドだとダウンハガー800#3にぴったりだった。・・・あぐらかけて最高です。

使い易い(2018年4月11日):ナンガ450DX に使用。今後、冬季用のシュラフ使用も考慮して、ワイド型を選択。
●ダウンシュラフの膨らみを邪魔せず、まだ少し余裕があります。
●サイドファスナーが有るので、潜り込み易い(使い易さも大切だと思います)ファスナータブに紐を付けて引きやすくしてます。
▲色 もっと明るい系の色(各シュラフの様な)が自分は好みでした。
▲¥高い ゴアだと。。。

(実売価格は時期により変動しています)

「シュラフカバー」関連ページ

目次
Pocket
LINEで送る