Pocket
LINEで送る

雨の予報の中、高尾山の6合路を登ってきました。

混雑が予想されるゴールデンウィーク(4/28~5/6)期間は、6号路は8時~14時の間、登り一方通行となります

と掲示されていましたので、お知らせしておきます。

 

以下、山行記事です。

ブログ&写真

最近良く利用する薬王院の駐車場(1日500円)。

小雨が降っていたため、髙尾の麓の商店街は閑散としています。(いつも雨だと驚くほど静かな高尾山、静かに登りたいかたは雨の日がおすすめです。)

 

今日もお世話になる、6号路。

この時期は、3月から4月は花粉の影響で山歩きが遠のいていたため、ちょうど1ヶ月ぶりです。

この日は雨だからか、まったく花粉症がでませんでした。

自宅を出発した時は片方の鼻腔がふさがっていましたが、高尾山についてしばらくしてマスクが必要ないことに気付き、しばらく歩いているうちに、両方の鼻腔が開通しました。

首都圏は花粉症でるのに、山に来ると収まるとは、いつも不思議な感覚になります。

特に6号路は、はるか昔から原生林が残されている(植林で限られた種類だけ植えられていない)ため、花粉症状が出にくいルートではないか、と思います。

6号路の沢水の流れるせせらぎに、癒やされます。

潤ったかのようなツヤツヤの葉を見ると、植物の渇きが癒やされ生き生きとしているように感じます。

 

途中、綺麗な沢水が溜まった場所があり、そこを覆う木々の葉からポタポタと水滴が落ち、波紋が広がっていました。

そこで、一眼レフのシャッタースピードを可能な限り短くし、波紋の広がりをしばらく撮影してみました。

 

 

 

美しい同心円の波紋を何度も観察することができました。

人が観察しようがしまいが、自然のありとあらゆるところで、このような自然の営みが続いています。

 

今回は、一眼レフの防水バッグが大活躍☆

 

山頂は、屋根付きの休憩所を除いてはとても静かでした。

 

また、あちこちで、様々な花々が咲き乱れていました。

鮮やかな新緑と花々で、なんだかとても癒やされました。

いつもありがとう、高尾山。

この自然がいつまでも大切に残されますように。

 

Pocket
LINEで送る