Pocket
LINEで送る

兄に誘われ、雪残る谷川岳に登ってきました(^^)

好天に恵まれ、美しい谷川岳山並みを眺めながら、無事登山を終えることができました。

関東圏は3月上旬から4月上旬までスギ花粉で覆われます。

この時期は、山登り好きには、行く山に困る(山は花粉の発生源)のですが、雪に覆われた谷川岳は全く花粉症の症状がでませんでした。

(麓のコンビニでは花粉が飛んでいました。)

谷川岳は花粉飛散時期でもマスクなど付けずに、気持ちよく登れる山だとわかりました。

 

登山ルート

ロープウェイ天神平-天神尾根-トマ・オキノの耳の往復ルートです。

 

以下、ブログ記事です。

 

ブロク記事&写真

朝、早朝4:40頃に起床し、兄の家まで行き、それから谷川岳へ車を走らせました。

結局、谷川岳ロープウェイに到着したのは、10時頃。

 

そこから登山準備でロープウェイに乗ったのは約30分後です。

 

ロープウェイは大きく、ゆったり座れました。

 

天神平に到着し、そこから登山道を登ります。

 

登山者が多く、トレースがしっかり付いています。

まるで階段のように。

 

尾根まで登り切ると、どーん、と谷川岳が現れます。

ついついカメラで撮影したくなります。

そのまま天神尾根を進みます。

 

 

兄の方が歩くのが早く、後から登ってくる私を撮影してくれました。

 

我々の登山開始時間は少し遅いため、下る方々とすれ違う状況でした。

 

 

丘のような肩の広場に到着。

肩の小屋の風下で昼食です。

気温が低く風そこそこあり、カップ麺が出来上がる頃には、熱々ではなくなっていて、それほど身体が温まりませんでした。

ここから少し登れば、トマの耳です。

看板には、まだ雪が付着していました。

まるで鳥の羽根のような、繊細な形状。

なぜこのような形になったのか、自然の不思議、神秘です。

 

トマの耳(標高1963m)です。

トマの耳からオジカ沢方面の稜線を背に撮影すると、まるでどこかヨーロッパの山でも登ったかのような絵になりました(^^)

 

ここから少し降りて、登ってオキノ耳(標高1977m)へ向かいます。

スカッとした青空の下、山頂まで登れました。

ありがとう、感謝です。

 

オキノ耳から見たトマの耳です。

山岳、という感じです。

 

時間は15時。

ロープウェイの最終便が16:30なので、早急に下ります。

気温上昇で雪がゆるみ、下りやすかったこともあり、1時間で天神平のロープウェイ乗り場に到着できました。

 

下りは、ストックが大活躍。

 

ゆったりスペースのロープウェイに乗り、無事山行を終えることができました。

 

湯テルメ・谷川で入浴し、帰宅しました。

 

最後に

谷川岳は、雪を被った山並み美しいですが、天気が荒れるとルートがわかりにくく、ホワイトアウトになって遭難しかけたことがあります。

雪山登山の入門と言われますが、それは天候次第ですので、積雪期に登られる方は用心して登られることをおすすめします。

 

参考リンク

 

 

Pocket
LINEで送る